読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い - その反対側の側面まで見えているか -

無知の知 認識 人間関係 心・感情

「憎むあまり、それに関わるすべてのものが憎くなること」(故事ことわざ辞典より)

 

他者に何か原因があるから、他者が憎いとは限らない。

他者が憎いからこそ、憎む原因ばかりを探し求め、それを創り上げていることもある。

 

批判すること自体が批判の目的と化してはいないか

 

「あいつはイヤなやつ“だけど”実力はホンモノだ。信頼できる。」

 対立はしているけれど互いに実力を認め合っている、そんな良きライバル関係。

 

漫画の世界などではしばしば見かける構図ですが、人間、現実には

「あいつはイヤなやつ“だから”実力を認めたくないし、信頼もできない。」

 などと思ってしまうことの方が多いのではないでしょうか。

 

というのも、価値や評価というのは本質的なものではなく(色即是空

その背景や切り取り方次第で如何様にも評価できますから(毒薬変じて薬となる

先に感情という名の結論ありきで、評価が後付けされる石に漱ぎ流れに枕す

なんてことも、そう珍しい話ではないと思います。

 

例えば恋愛でよくある、好きなときは相手の全てが好きなのに、嫌いになった途端、

相手の嫌いな面ばかりが目に入るようになる話などは、その最たる例かもしれません。

 

いずれにせよ、真に有益な情報は当人にとって耳が痛いものですし(忠言耳に逆らう

他者を批判すること自体は決して悪いことだとは思いません。しかし、

欠点がないことすらも「人間味に欠ける」とか「面白みがない」と批判できるように、

 

他者に批判に値する点があることは当然のことであって

 

批判点故に憎むのではなく、むしろ憎さ故に批判を創り上げてはいないか

そうして他者を攻撃することが目的になってはいないか、自戒が必要かもしれません。

 

 

人の批評というのはえてして、論理よりも感情や結論が先行してしまうものですが、

そうなると視野は狭くなり、自分と異なる主張に不寛容になってしまいがちでしょう。

 

ですから他者の批評が客観的なものか、それとも盲目的なものなのかを見分けるなら、

「じゃあ、その(批評対象の)良い(or悪い)所はどんな所?」

と、その人の主張とは逆の側面について尋ねてみると良い…かもしれません。

 

 

 

今ここからの光景は、こんな感じ。

 

関連記事

いくら他者の不当性を批判しても、それは自己の正当性には結びつかない

相手を攻撃するために批判するのではなく、相手のことを思って批判できているか


広告を非表示にする