類は友を呼ぶ - 自己の肯定は安心を、否定は成長を与える -

「気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まる」(故事ことわざ辞典より)

 

似た者同士は集まる。そういった側面は確かにあると思います。

しかしそれ以上に、似ていない者同士は居心地が悪いという側面も強いのでしょう。

 

自分と似た存在は「今の自分の在り方」への安心を与えてくれる

 

人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる

 

というのは某奇妙な漫画に登場する吸血鬼の台詞です。

果たして本当にそうなのかという議論はさておき、確かに人には

今のままの自分でいいんだ」という“安心”を他者に求める側面があると思います。

 

その意味においては多くの場合、考えの異なる人は“安心”とは逆の存在でしょう。

 

「自分はこのままではいけない」

「自分の考えは決して一般的な、万人に通じるものではない」

「自分の信じていたものが揺らいでしまう」

 

考えの異なる人といれば、必然的にこうした“不安”に掻き立てられます。

ですから人は安心を求め、自然と気の合う似通った者同士が集まるのだと思います。

 

互いが互いを肯定し合い「むしろ周囲の人間がわかってない」と他者否定する

というのは確かに、精神衛生上はいいかもしれません。

しかし、時には自身の成長阻害要素ともなりえるでしょう。

 

人は今の自分を否定できるから、新たな自分へ成長できる

 

という側面もあるのだと思います。

勿論、安心を求めて肯定し合い、切磋琢磨することで得られる成長もあるでしょう。

しかし、狭い自分の世界に閉じこもっていては、大きな革新は難しいと思います。

 

 

人は合わせ鏡のように互いを映し合い、だんだん似通ってくる(魚心あれば水心

という側面もありますが、いずれにせよ他者は自身を知る上で重要な情報でしょう。

 

自分の周囲に自然と集まってくる人を見れば、今の自分を知ることができます。

自分が変われば付き合う人も自然と変わり、その逆もまた然りなのだと思います。

 

 

 

今ここからの光景は、こんな感じ。

 

関連記事

人は自分の価値観を中心の物事の正しさを判断したがる傾向がある

 

現状の小さな頂を否定せずして、より大きな頂への躍進はない

広告を非表示にする