読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朱に交われば赤くなる - 変えるのは他者ではなく自分自身 -

社会 人間関係

人は交わる人次第で良くも悪くも、少なからず影響を受けて変わるものだと思います。

朱に交われば赤くなるとは

本人の意思によってのみ、人は“自然と”変われる

 

部下や子供のモチベーション(やる気)を向上させるマネジメントやコーチング、

この手の話や手法って結構昔からありますよね。

 

こうした技術が発達したお陰で現在は以前よりモチベーションの高い優等生ばかりに

…なってないですよね、不思議なことに。あれれ〜おかしいぞ〜

 

結局、他者のモチベーションを思い通りに変えることなど恐らく無理なのでしょう。

もしそんなことができるなら、それはもはや洗脳やマインドコントロールの類いです。

 

それでは、たまに耳にする「生徒のやる気を引き出すスーパー教師」だとか、

「社員の意識改革による業績回復を成し遂げたスーパー経営者」だとか、

そういう話はただの偶然なのか、デマなのかと問われれば、そうとも思いません。

 

ただし、それはそのスーパー教師やスーパー経営者の行った「手法が凄い」というより

あくまで「その個人が凄い」から周囲がその人の影響を受けただけであり、

 

人こそ人の鏡』故、自分が変われば他者も変わる

 

という、それこそ朱に交わって赤くなった結果だと思います。

他者を変えたいのなら、他者の鏡に映る自分を変えることが大切なのでしょう。

某オサレ漫画的には「(他者を赤くしたいなら)俺自身が朱色になることだ」ですね

 

 

ちなみに「それはもはや洗脳やマインドコントロールの類い」なんて言いましたが、

新人研修や自己啓発セミナーなど、それに近い手法を用いている所は結構あります。

 

これらは時に逃げ場のない合宿形式で、参加者の体力や冷静な思考力を奪い、

集団心理や承認欲求を刺激し、そこへ巧妙に思想を刷り込ませたりします。

 

しかし、それをする側の合理性や必要性は理解できても、それでも洗脳は洗脳です。

そうして他者を強引に変えていれば、何らかの歪みが生じるのは当然かもしれません。

それが参加者の心の歪みであれ、反発や批判という第三者との歪みであれ。

 

 

 

今ここからの光景は、こんな感じ。

 

関連記事

自分が変われば他者も変わる(絶対に変わるとは言ってない)

 

 手法も大事だが、学ぶならその裏にある魂や姿勢を軽視してはならない

広告を非表示にする