瓜田李下 - 抱かれた疑念は時に真実よりも重い -

誤解されるのは嫌なことですが、“誤解を与えた側”にも落ち度はあるでしょう。

瓜田李下とは

  • 四字熟語。人から疑いをかけられるようなことはしてはいけないし、疑いを受けるような状況に身を置いてはならないという教え。中国の古楽府の「君子行」の「君子防未然、不処嫌疑間、瓜田不納履、李下不整冠」から出た言葉である。 続きを読む
  • このキーワードを含むブログを見る
続きを読む
広告を非表示にする

遼東の豕 - 自分の世界で辿り着いた正解に普遍性はない -

自分にとっての正解や価値あるものが、他者にとってもそうであるとは限りません。

遼東の豕とは

続きを読む
広告を非表示にする

虎の威を借る狐 - それが“虎の威”だと認識できているか -

例えば、このサイトとて“故事ことわざ”という名の虎の威を借りている訳で←

虎の威を借るとは

続きを読む
広告を非表示にする

木に竹を接ぐ - 幹が曖昧なまま枝を生やそうとしていないか -

「ちぐはぐで調和や釣り合いがとれないこと」(故事ことわざ辞典より)

 

自身の視野を広げ、盲点を探すため、多くの人から意見を募ることは大切でしょう。

しかし、良い意見は寄せ集めれば良いというものではありません。

 

続きを読む
広告を非表示にする

彼方を立てれば此方が立たず - 目先の論理的正当性に驕っていないか -

「両方が納得する、また喜ぶようなことをするのは難しい」(故事ことわざ辞典より)

 

誰かにとっての正義は他の誰かにとっての悪であるように、彼方も此方も、

その両方を立てるのが困難なのは、何も人間関係に限った話ではないでしょう。

 

続きを読む
広告を非表示にする

風が吹けば桶屋が儲かる - 元々の原因が明瞭であるとは限らない -

「風の吹き方」なんて小事から「桶屋の売り上げ」への連鎖を予測するなど無理難題。

風が吹けば桶屋が儲かるとは

  • ことわざ。 ある出来事が、予想もしないようなところへ影響を及ぼすことの例え。転じて、当てにならない期待をすること。 また、因果関係の無さそうなものを、無理矢理こじつけた状態を言い表すことも。 類義:「大風が吹けば桶屋が喜ぶ 」「風が吹けば箱屋が.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログ (今週 1 件) を見る
続きを読む
広告を非表示にする

和して同ぜず - 協調という大義名分に甘え、逃げ込んではいないか -

「人と協調はするが、主体性を失うようなことはしない」(故事ことわざ辞典より)

 

協調性を重視するあまり自分の判断を捨てた挙げ句「え、だって皆やってたから」

「皆そうだと言ってたから」などと後に言い訳する事態は避けたいものです。

 

続きを読む
広告を非表示にする