因果推論 - その因果関係の論拠は確かか -

「相関関係は因果関係の前提に過ぎない」(cf.Wikipedia

 

こんなサイトで統計学の専門的な話に言及しても誰も得をしないと思うので、

あくまで『因果推論』という漠然とした“ものの捉え方・考え方”についての話。

 

続きを読む

苛政は虎よりも猛し - 悪政を見極める自身の目は確かか -

「悪政は人を食い殺す虎よりも恐ろしい」(故事ことわざ辞典より)

 

なんもかんも政治が悪い」なんて言いますが、民主主義での悪政は国民の自業自得。

しかし、では何が正しくて何が悪政なのか、その見極めも容易ではないのが難しい所。

 

続きを読む

君子は豹変す - 眼前の相手は君子か、ただの気分屋か -

「立派な人物は、過ちに気づけば即座にそれを改める」(故事ことわざ辞典より)

 

信じることが目的と化し、宗教化したが故に、考えを改められない人もいるでしょう。

逆に、大人物であるが故に、素直に自らの過ちを認め,改められる人もいるでしょう。

 

続きを読む

負けるが勝ち - 勝つためにこそ負けられるか -

「争わないで相手に勝ちを譲ったほうが自分にとって有利」(故事ことわざ辞典より)

 

前回で議論の虚無性的なことを語っておきながら今回議論の話をするのもアレですが、

今回はあくまでも、互いに建設的な議論を模索することを前提とした上での話。

 

続きを読む

泣く子と地頭には勝てぬ - その議論は何を生むのか -

「道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てない」(故事ことわざ辞典より)

 

議論は相手を変えられません。あくまでも相手が、自身の意思で、勝手に変わるだけ。

ならば議論で大切なのは相手ではなく、それを通して自分が何を得られるかでしょう。

 

続きを読む

木に縁りて魚を求む - 間違っているのは自分か、手法か、世界か -

「物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと」(故事ことわざ辞典より)

 

諦めずに木に登り続けていれば、いつかは魚を…

猫や海鳥が偶然落としてくれる可能性もゼロではないから世界はややこしい。

 

続きを読む

堂が歪んで経が読めぬ - その重みは、そしてその比率は如何程か -

「他のことにかこつけて、自分の怠慢や落度の言いわけをする」(ことわざ辞典より)

 

坊主「あーつれぇわー。お経を読みたいけど仏堂が傾いてるせいで読めねぇわー。」

まぁ確かに、気が散るのは事実でしょう。しかし、それと本人の怠慢はまた別の話。

 

続きを読む